Apple Watchを導入して感じた感想と今後の可能性

APPLE

皆さんこんにちは。タクマです。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

今回は日頃から愛用しているApple Watchについてお話しさせていただきます。

僕がこのApple Watchを導入したのは去年6月でした。陸上競技をやっているアスリートやプロサッカーチームの監督がApple Watchをしていて、そこから導入するメリットをいろいろ調べて結果導入することになりました。

ここに至るまでいろいろありましたが、何が導入する決め手となったのかお話しします。

決め手①:健康管理をしっかりできる

健康管理と言うと「黙って規則正しい生活をすれば良い」とだけ考える人が多いかもしれません。ですが実際はそれだけでなく毎日の適度な睡眠や適度な運動が重要になってきます。

そんなわけでApple Watchでは一日の消費カロリー数どのくらい運動したのかどのくらい立っていたかどのくらい歩いたのかなどを数値化して知らせてくれます。

なので逆算して考えた時に1kgダイエットするには7000kcalを消費しないといけないからどのペースで運動したら良いのかというものが数値から読み取って計画を立てられるのです。

ちなみにこれが僕が2月途中から3月にかけて行った運動の証ですよ。東北出身でありながら寒さに弱いという貧弱さと戦いながら頑張りました。

ここまでデータとして表示してくれるので参考にしやすいですよね。

しかし、運動だけではダメで運動と同時にしっかりしなければいけないのが睡眠です。睡眠は人生の9分の3を占める(サンドウィッチマンのネタをいじりました)って言いますからそれほど大事なんです。

しかし僕の場合は不眠症があり、ひどい時にはアルコールと睡眠薬を服用しないと眠れないほどの時もあり、これが続くと生活習慣病に陥る可能性もあります。

そこでApple Watchに対応したアプリAutoSleep(有料)というものを入れてどのくらい寝れたかというものを毎朝起きてからチェックするようにしています。

データの量もこれだけ詳細に出ているので、もっと快適に睡眠を取れるように工夫したりとかも可能です。

簡単に言ってしまえば手首に巻くだけで自身の健康状態を自身で管理する最高のアイテムと言えます。

決め手②:JRやバス・地下鉄への乗車・野球観戦もこれ1つあればOK!

iPhoneのアプリでモバイルSuicaがあることは多くの皆さんがご存知かと思いますが、CMなどではiPhone本体を改札に「ピッ!」としていますよね?

ですが、いちいちiPhone取り出してまたポケットに入れる作業面倒じゃありませんか??僕は正直言って面倒でした。

ですが右手首にさえ巻いておいて、モバイルSuicaにしっかりお金がチャージされていれば右手をIC読み取り口に置けば決済ができてしまうんです。

何て便利な世の中なんだろう!!って感じで、僕はそれ以降Suicaカードを使用せず、モバイルSuicaを使用しています。そうすればわざわざカードを持つ手間も省けるので一石二鳥ですね。

さらに僕が住む宮城県仙台市ではSuicaが使えるところが1つ増えました。

それはプロ野球・パシフィックリーグに加盟する東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地楽天生命パーク宮城です。楽天生命パーク宮城では昨年からスタジアム内での現金の使用ができなくなりました。

「じゃあ何で支払うの?」ってなった時に今まではクレジットカードか親会社である楽天が運営するキャッシュレス決済サービスでの支払いしかできず、ご高齢の方や小さなお子様、そして機械が得意ではない方からものすごく不評でした。特にビジターチームのファンからは炎上寸前まで行ったほどです。

そこで新たに2020年シーズンからSuica決済にも対応したことから、老若男女問わずにキャッシュレス決済ができると期待されています。が、現状は無期限の延期となってしまいました・・・・

決め手③:音楽鑑賞時のスイッチにもなる

皆さんiPhoneで音楽を聴いてて「曲変えたいな」とか「ボリュームいじりたいな」って時おそらく10人中10人がiPhoneで操作していますよね?

iPhoneを出す必要がないんです。何で?

Apple Watchでできるから

Apple Watchを購入して最初にすることがiPhoneとペアリングすることなのですが、そのペアリングしたiPhoneが曲を再生したらApple Watchも音楽再生画面に切り替わります。なのでいちいちiPhoneを取り出す必要がないのです。便利でしょ?

画面は僕が大好きなBanty Footさんの交差点という曲。皆さんも是非聴いてみてください!!

今後の可能性

今後の可能性としては、やはりあくまでも希望ですがAndroidに対応する日が来ないかなと思っております。

もちろんほぼ0に近い可能性かもしれませんが、Androidにも対応することによりiPhoneへ乗り換えるという必要がなくなるわけなので消費者からしてみたらありがたい話です。

個人的にはAndroidは自由に好きなことをできるのに対し、iPhoneは基本はできても応用が苦手という風に思っているのでAndroidの方が好きではありますが、今後もし対応したらまたAndroidに戻るかもしれませんね。

いずれにせよ、画期的なアイテムであることは既に証明されています。じゃあその証明を次はどのようにして広めていくかを考えた時により多くのデバイスに対応した方がスマートウォッチ業界でのシェア率も必然的に上がるのではないかと思います。

Appleがどこを重要視しているのか。それによって今後の将来が大きく変わっていくと思うので今後も楽しみに見守っていこうと思います。

購入を検討している人に向けて

僕が購入したのはApple Watch Series 4ですが、現在はApple Watch Series 5が最新機種となっております。

Apple Watch Series 4(GPSモデル)- 44mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツループwww.amazon.co.jp53,680円(2020年03月30日 20:01時点 詳しくはこちら)Amazon.co.jpで購入する

ですが、機能などは殆ど変わりはないので、お値段を気にするという方はSeries 4でも全然問題ないかと思います。

Apple WatchはGPSモデルGPS+cellularモデルの2種類があります。

何が違うかというとiPhoneなしでも通信するのかしないのかの違いです。

GPSモデルはiPhoneとの通信圏内にApple Watchがないと情報を受信しません
しかしGPS+cellularモデルはiPhoneなくても通信ができます。しかしその分別途SIMカードを入れないといけないので通信費がかかります

この点から見てもGPSモデルで全然問題はないと思います。

ぜひ興味を持たれた方は購入を検討してみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました。

タクマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました